読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸木蓮の 漫画、本、音楽、あれやこれや

80年代が青春時代だった子持ちおっさんのブログです。

ザ・ビートルズ ホワイトアルバム

f:id:hanamarumokuren:20161110161438j:plain

ビートルズをあまり知らない方は、彼らについてどういうイメージを持っているでしょうか。

僕が彼らを知ったのは小学生の頃で、ロックバンドというよりは、古い時代の4人のアイドルというふうに思っていました。

知っている曲もイエスタデイ(学校で合唱させられた)くらいで、テレビでよく流れるのは来日して、飛行機から降りてくるハッピを着せられた(なんかダサい感じの)メンバーで、洋楽を聞き始めた中学生の僕はとても聞く気になれませんでした。

マッシュルームカットの彼らも、なんだかなよっとしてる感じでカッコよく見えなかった。

実際の彼らは、ジョン・レノンはかなり過激なヤンキーだし、ポールも性格に難アリの・・・なんて書くとファンに怒られるかな。

逆によく比較されるローリング・ストーンズミック・ジャガーがロック界の悪魔なんて呼ばれていましたが、学生の頃は不良でもなんでもなく、優等生だったそうです。イメージ戦略だったのでしょう。ブライアン・フェリーの奥さんを寝取っちゃったりしましたけど。

このホワイトアルバムは、彼らの個性が出た、かなり剣呑なアルバムだと思います。

テレビでビートルズを紹介する時に「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」とか「エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」とか流してほしいのですが、映像がないだろうから無理でしょうね。

そういえば、彼らのアルバムを揃えるようになってからは、「この曲も、この曲も、あの曲もビートルズかい〜!」という状態になりました。今では初期の頃の作品も大好きです。

 

f:id:hanamarumokuren:20161110154536j:plain

Amazon CAPTCHA

 

花丸木蓮はLINEスタンプを発売しております。

f:id:hanamarumokuren:20161024155117p:plain

Stickers by hanamarumokuren