読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸木蓮の 漫画、本、音楽、あれやこれや

80年代が青春時代だった子持ちおっさんのブログです。

一番好きな漫画家、森脇真末味さんについて

漫画 森脇真末味さん

私は、1980年代に、「緑茶夢」「おんなのこ物語」「ブルームーン等を連載されていた森脇真末味さんが大好きでした。

出版された本は全て持っています。「おんなのこ物語」は小学館版2種類、中央公論社版、ハヤカワ文庫版の計4種類もぜんぶ買いました。

森脇さんはインタビューで「話をこう積みたいな、と思っても、不自然だと思うとやめちゃう」というくらい、キャラクター中心に話を作る方で、個性的なキャラクターが魅力でした。

1990年代後半くらいまで、ちょこちょこ短編を描かれていたのですが、その後、あまり作品を見ることがなくなりました。ファンクラブの桃色軍団という会誌によると、目を悪くされていたこともあり、お休みされていたようです。

ただ、その後もネットをちょくちょくチェックしていたのですが、なかなか雑誌に新作が載った、という話は見つけられず、(最後に見たのは「広告」という雑誌のカラー4ページだったと思います)なかなか寂しく思っておりました。

ところが2015年にWHILE WE'RE DEAD.- THE FIRST YEAR - というCDの中に、森脇さんの対談が載っている事を知りました。

その中で森脇さんは「八角が、仲尾やバンドというものに出会う・・・少年期編を、作品として完成させたい。」と言っておられました。

これはぜひ読みたい、と思い、小学館月刊フラワーズ(前身のプチフラワーで連載していた)や、現在、「おんなのこ物語」を文庫で出しているハヤカワ書房に、この八角の少年時代の連載をさせてください、と送ったのですが、どうもまだ動きはなさそうです。

現在は、ハヤカワ文庫の「おんなのこ物語」でしか、一般の書店では購入できなさそうですが、続編が読みたい方はぜひ、私のように出版社のホームページ等に呼びかけてください。f:id:hanamarumokuren:20161013115437j:plain

上の写真は僕の森脇さん関係の本の持っているもの全て(多分)です。

f:id:hanamarumokuren:20161017115405j:plain

 Amazon.co.jp: 森脇真末味 おんなのこ物語(ストーリー)

 

花丸木蓮のLINEスタンプが発売中です。

f:id:hanamarumokuren:20161024155117p:plain

Stickers by hanamarumokuren