読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸木蓮の 漫画、本、音楽、あれやこれや

80年代が青春時代だった子持ちおっさんのブログです。

レイモンド・カーヴァーについて

f:id:hanamarumokuren:20161121160953j:plain

上の写真は、「ぼくが電話をかけている場所」とレイモンド・カーヴァー傑作選「Corver's Dozen」です。

カーヴァーとティム・オブライエン村上春樹さんが訳していたので、読んだ本です。正確には姉が村上さんのファンで、カーヴァーも姉を通じて知ったのですが。

現在では「ぼくが電話をかけている場所」は新刊では手に入らないので、傑作選も一緒に写しました。それに傑作選には名作「ささやかだけれど、役にたつこと」も入っておりますので。

僕はこの中の「大聖堂」で、疑似体験という感覚をはじめて味わいました。

主人公の体験したことを肌で感じられたのです。僕の短編好きはカーヴァーから始まったのだと思います。

 

ところで、この本を訳した春樹さんは、

「君の書く小説はもうひとつだが、君の訳したカーヴァーという作家のものは面白かった」と褒められたことが何度かあったそうです。

また、「風の歌を聴け」でデビューしたときも

「あれが小説と言えるんなら、俺にだって(私にだって)あれくらいのものは書ける」と多くの人に言われたそうです。(実際に書いた人は一人もいなかったようですが)

あと、「もうよしたほうがいいんじゃない」「ちょっと軽すぎる」「内容がない」「ラッキーだっただけだからもうやめにしたほうがいい」とかも。

しかし、世の中には本人にストレートに意見、というか悪口を言う人が沢山いるんですねえ。

 

f:id:hanamarumokuren:20161121164344j:plain

Amazon CAPTCHA

 

花丸木蓮はLINEスタンプを販売しております。

f:id:hanamarumokuren:20161024155117p:plain

Stickers by hanamarumokuren