読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸木蓮の 漫画、本、音楽、あれやこれや

80年代が青春時代だった子持ちおっさんのブログです。

サマセット・モーム お菓子とビール

f:id:hanamarumokuren:20161116101549j:plain

よくモームは純文学なのか大衆文学なのかと議論されるようですが、それだけ読みやすい小説ということなのだと思います。

昔の新潮文庫モームは、ずっとこの表紙だったのですが、僕はずっともっと今風の軽い感じの表紙にならないかな〜と思っておりました。これじゃあ若い人は手に取らないだろうと。

ただ、今、ネットで見てみると、新潮文庫はけっこう軽めの表紙になっていたのですね。よかったよかった。

この「お菓子とビール(麦酒)」は、長編にしては短めですし、話もおもしろいので、モームをはじめて読む方には入りやすいのではないかと思います。

これを読んで、人間の絆とか、他のモームの作品も読んでいただけるとうれしいのですが。「アシェンデン」は、スパイもので、軽くておもしろいと思います。(かつてモームはスパイをしておりまして、その経験が生かされております。)

そういえば村上春樹さんが「ランゲルハンス島の午後」の中で、「どんな髭剃りにも哲学がある」(どんな些細なことでも毎日つづけていれば、そこにおのずから哲学は生まれる)という言葉をモームが書いていて感心したと書かれていました。

モームは好きだったので、エッセイも含めほとんどの作品を読んだのですが、この言葉は出てこなかったなあ。読み飛ばしたのかもしれまんが。

 

f:id:hanamarumokuren:20161116104254j:plain

http://amzn.to/2fVM1vc

 

花丸木蓮はLINEスタンプを発売しております。

f:id:hanamarumokuren:20161024155117p:plain

Stickers by hanamarumokuren