読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花丸木蓮の 漫画、本、音楽、あれやこれや

80年代が青春時代だった子持ちおっさんのブログです。

ヴァン・ヘイレン ダイヴァー・ダウン

f:id:hanamarumokuren:20161115094955j:plain

 ヴァン・ヘイレンを好きになったのは結構遅くて1984のジャンプを聞いて、しばらくしてからでした。

マイケル・ジャクソンのシングルのスリラーがチャートの1位(ラジオ&レコーズ)になっていた時、また今週も1位かな~とベストヒットUSAを見ていたら、ジャンプがすごい勢いでチャートの1位になりマイケルを蹴落としてしまいました。まあマイケルもシングル何枚目かで、そんなに勢いはなかったんですけど。

ハードロックに興味がなかった頃で、それほどマイケルのファンでもないくせに、「アメリカのチャートはハードロックが強くてしょうがないな〜」と悪態をついていたりしました。しかしジャンプはポップ色が強いせいか、聞いているうちにファンになり、ヴァン・ヘイレンのすべてのアルバムも買い揃えてしまいました。(学生だったので、みんな中古でしたが)

このダイヴァー・ダウンはジャンプの1枚前のアルバムですが、ヴァン・ヘイレンのアルバムの中で一番聞いたものです。

ハードロック以外のカバーが多く、ロイ・オービンソンや、クラリネットを全面に押し出した古いスタンダード等、たぶんデイヴ・リー・ロスの好みが強く反映されている選曲になっていて、なかなか楽しいアルバムです。

エディは最初、カバー曲が多いので、「オー・プリティ・ウーマン」は入れたくないとデイヴに言ったそうです。

でもスタジオでギターをならしていたら、いつのまにかプリティ・ウーマンのフレーズを引いていて、ふとデイブの顔をみたらニヤニヤしていて、「わかったよ、これも入れよう」となったらしいです。

で、エディは、こんな感じだっけ〜というあやふやな記憶で作ったので、曲をすっ飛ばしちゃっている箇所があります。原曲と聴き比べると、すぐにわかると思います。

 

f:id:hanamarumokuren:20161115105912j:plain

Amazon CAPTCHA

 

花丸木蓮はLINEスタンプを発売しております。

f:id:hanamarumokuren:20161024155117p:plain

Stickers by hanamarumokuren